お尻ニキビ 原因

MENU

お尻にニキビができるのはなぜ?

こちらのページではお尻ニキビが何故出来てしまうのかを解説していきます。

 

ニキビができる主な理由は、ホルモンバランスが崩れたり、食生活が偏ることで過剰な皮脂分泌が起こり、皮脂が毛穴が詰まることでアクネ菌が繁殖する事が原因と言われています。

 

お尻部分は、背中やデコルテに比べて皮脂の分泌が多いパーツになっているので、ニキビは出来やすい部位になっています。

 

お尻は角質層がやわらかいように感じやすいですが、実際は肌表面が分厚い特徴があり、長時間デスクワークを行っている方などはおしりの皮膚が多角化して毛穴を皮膚が塞いでしまう悪循環を引き起こします。

 

また古い角質層が毛穴に詰まりやすくなるので、皮脂分泌が多く角質が毛穴を塞いでしまうお尻はアクネ菌の温床となりニキビが出来やすくなってしまう危険があります。

 

またニキビと間違いやすいのが、粉瘤とおできの症状です。粉瘤は常に同じ部位に出来る特徴があり、おできは毛包と呼ばれる部分に細菌が入り込んで化膿しているため、肌の炎症が起こり強い痛みが伴う特徴があります。

 

この二つの症状もできるだけ肌を清潔に保ち、刺激、摩擦、圧迫、ムレなどの肌への刺激を減らす努力を行うことがまず重要になります。

 

締め付けすぎる下着や、衣服は長時間身につけないようにすることや、デスクワークをしている方は肌への摩擦が特に多いので、お風呂に入る時もゴシゴシ肌を摩擦して洗うことは避けて、泡立てた石鹸で優しく洗い、十分に保湿を行うことが大切です。

 

Tゾーンなど皮脂腺が多い顔に、ニキビなどの肌トラブルが起こった経験をお持ちの方は少なくありません。

 

基本的にニキビが出来る原因は皮脂腺と呼ばれる皮脂分泌がされやすい、顔やデコルテ、背中、お腹などにもニキビの症状が起こります。

 

その中でもお尻ニキビは他の体の部位に比べて、ニキビが出来た時に強い痛みが伴うことが多く、対処方法に悩んでしまう方も多いですがあせらず対処していくことが大切です。