お尻 黒ずみ 原因

MENU

お尻に黒ずみができるのはナゼ?

お尻の黒ずみの原因としては、摩擦や刺激によるダメージやかぶれや炎症、ホルモンバランスなどの原因が挙げられます。

 

肌は刺激の防御反応によりメラニンを生成することとなります。

 

下着や洋服などの摩擦や、座っている時の圧力などの刺激によって、肌がくすんでザラついたり、色素沈着が発生することもあります。

 

特に締め付けのきつい下着やナイロン製の下着、お風呂でお尻をごしごしと洗う人などは十分な注意が必要です。

 

摩擦によって発生した色素沈着は、しみが深い部分にできてしまい色素が定着することになるため、改善しようと思っても時間がかかる特徴があります。座る時間を短くしたいと思っても、仕事がデスクワーク中心である人の場合には難しいかもしれません。

 

そのため下着は肌触りが良い天然素材のものを選んだりと、なるべく摩擦による刺激が避けられるものを選ぶようにしましょう。

 

そして乾燥して敏感になったり、刺激を受けたりすることにより、肌は刺激から自らを守ろうとターンオーバーをはやめるので、角質層を厚くしようと過角化と呼ばれる現象が発生します。

 

これにより角質が厚くなることで、肌全体はゴワゴワとしてきたり、くすんで黒ずみがあらわれたりします。これを防ぐためにはしっかり保湿をすることが大切で、下着などはなるべく刺激にならないものを選ぶ必要があります。過角化により黒ずみが発生している場合には、余分な角質をピーリングによって取り除くことが効果的です。

 

そしてお尻にアレルギーによるかぶれやムダ毛処理などによる傷、ニキビや吹き出物などで炎症が発生すると、これが色素沈着の原因になることがあります。せっけんや化粧品などによるかぶれの場合には、使用をすぐにやめましょう。かゆみがあると掻いてしまい、炎症が悪化するので、薬などを上手に使いかゆみを沈める必要があります。

 

最後に妊娠や出産、生理不順などのホルモンバランスの乱れによって黒ずみが発生するケースがありますが、これはホルモンの分泌が元の状態に戻れば、黒ずみも自然に消えるのでそれほど心配はありません。